TOP > ARCHIVE - 2014/01

2013 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 02



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

第84話 兆候 
ついでに84話更新しておきますw

今回はプラシナとリリボンの話が主。
リリボンはいつからか新しい薬を飲み始める。御嬢様はどこで処方されたものか知らない。
プラシナもそれは同様。

その薬がどのような効果をもたらすのか・・・


まだ誰も知らない。
スポンサーサイト






神津四街の大通りにある占いの館。ここの館はよく当たることで地元の人達には人気だ。

開店しているときは一見ただの占いをしてくれるお店だが閉店した後。
このお店では裏で本物の魔女が住み着いている

閉店を確認したあと、占いをしていた女性が建物の奥へ行く。

「黎音。どうですか」

ここはサフィラと黎音の隠れ家を兼ねている館。
黎音は奥にある机に付きっきりであるものを作っていた

「やっと完成したよ。でもまだちょっと仕上げしないと」
「あの方もやっとこの街にやってきたことですし、そろそろ姫様にも目を覚ましていただかないといけませんね・・・」





「リリさんのこと?」
「・・・私、四大貴族の北を守護する琴神音の家系なの。でもそのことは皆には内緒にしてる・・・」

いきなり難しい話が飛び込んでくる。
四代貴族?それすごく偉いってことじゃ・・・・?

「なんで内緒にしてるの?」
「あまり・・・世間に知られてはいけない決まりがあるの・・・。それにこのことを知ったら・・・きっと皆私のこと嫌うと思うから・・・」

私はそんなこと思ってない。
嫌いになんてならない。
リリさんは純粋で素直な子なんだな・・・

「私は嫌ったりしないよ。だからお友だちとして付き合ってほしいな。リリさんのことリリって呼んでもいい?」

友達になったんだからリリさんなんて距離を置くような呼び方はやめよう。
今まで友達なんていなかったのか、顔を赤めてもじもじしてる。

「・・・じゃあ・・・ぷらにゃんって呼んでもいい・・・?」

なにそのあだ名・・・っ
めっちゃ可愛い!!猫好きなのかな?

なにはともあれ呼び方決めれたし、ゆっくりお話もできたし私は満足っ
わたしはいいよと返事した。
それから学校のこととか、部活のこととかでいっぱいお話しした。
お話ししていくうちにリリの顔色もだんだん明るくなって次第に笑うようになっていった。
気づいた時には時刻はもう6時を過ぎていた。そろそろ帰らなきゃ

「もうこんな時間。そろそろ帰らないと」
「・・・うん」

落ち込んじゃった・・・。
リリにとっては私って唯一許せる友達なんだなって思う
こんな可愛い子放っておけない

「また明日も会えるから。クラス一緒だし隣の席だし。ね?」
「・・・うん。ありがと」

そう言い聞かせて私は見送られながらアパートまで帰った。



それからは学校でもお話ししたりして日が経つにつれて一緒に過ごすことが多くなった。
時々家に呼んでもらって一緒に遊んだりした。
いつのまにか私がこの学校に編入してから一ヶ月が過ぎていた


一ヶ月を過ぎた頃から、リリは新しい薬を飲むようになった。



「・・・その薬、いつものと違うね」
「・・・新しいお薬だって。寝る前に2錠、水で飲まないといけないの」
「へぇー・・・。大変だね」




お話ししてて体が弱いっていうことは知ってたからそのための薬なのかなって思ってた。

その薬を飲みはじめて一週間を過ぎた頃。
リリは頻繁に軽い咳をするようになった。
ただの風邪だと言ってたけど、それからまた一週間。
今度は何度かしんどくなって倒れることが多くなって・・・
しまいには熱まで出て・・・

みんな心配して声をかけるけど、リリは「大丈夫」としか言わない。
結局、熱を出したその日は早退して何週間か学校を休んだ

あまりにもただの風邪にしてはおかしいと思って、私はリリの家までお見舞いに行った

インターホンを鳴らす。
しばらくしてメイドのサクヤさんが出てきた

「あの、リリは大丈夫ですか?お見舞いに来たんですけど・・・」

そういうとサクヤさんは

「ええ、大丈夫ですよ。お嬢様のこと大事にしてくださってありがとうございます。ですが今日のところはお引き取り願います」

中に入るなと言われてしまった。顔を見ることもできない。
理由を聞いたら「移ってはいけないから」だった。
仕方なく私はアパートまでとぼとぼと帰っていった



その後、プラシナを見送ったサクヤは静かに豪邸に戻っていった

リリボンは高熱でうなされていた。サクヤが寝室にやってきて薬2錠と水が入ったグラスをお盆に乗せて持ってきた
机に置いてから、寝ているリリボンの体をゆっくり起こす

「お薬です。お嬢様」
「・・・ありが、とう・・・」

ゆっくり薬を水で飲む。
飲み終わった後、リリボンをゆっくり寝かせる。
部屋を出ていこうとしたサクヤをリリボンは止める

「・・・・さっき・・・誰か、きた・・・の?」

その質問にサクヤは

「いいえ。何でもありません」

と答えた。リリボンは静かに目を閉じてそのまま眠ってしまった


つづく.....

Close・・・↑


THEME | GENRE 小説・文学 |
*Noir Papillon* | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

第83話 琴神音 
第83話更新しちゃいます。

今回はいきなりルーミアの宣言から始まって気持ちの描写がありませんが、
もう少し先で入れたいと思います。
どのみちなんで姫に従っているのかというきっかけを描くつもりなのでw


プラシナが編入。リリボンとプラシナはここから仲良しになる。
トントントンっと進めていきたいとおもっていますので、よろしくお願いします~






「俺、卒業する」

放課後の教室。部活メンバーしかいないこの教室でいきなり卒業宣言が響き渡る。
リリボンは何もなかったかのようにその場に戻っていた。誰にも暴力を振るわれたことは口にしていない。

シェスリナはその発言を聞いて一瞬固まったが

「決めたのね。寂しくなるわー」
「ははは。みんなのこと気になるけど私が必要なら本部のために全力を尽くすよ」
「頑張ってくださいね、ルーミアさん」

皆が卒業を嬉しがり応援している中。
リリボンはその様子を何も言わずに見ていた。



*
*
*


そして数日が経ち、ルーミアは彼らより先に卒業を果たした。
彼はこれから魔獣を狩る正式なハンターとしてあちこちで活躍することになるであろう。





ルーミアの卒業と入れ替わりに一人の女性が編入してきた。
それは偶然にもリリボンやクルセィがいるクラスに編入することになったのであった

「玖蘭プラシナです。よろしくお願いします」

ちょうどリリボンの隣の席は空席になっていたので、プラシナという女性の席はそこになった
リリボンはその女性には見覚えがあった。あの時、自分を助けてくれた人だとすぐに分かった。

隣に座ってリリボンのほうに顔を向けて

「・・・大丈夫だった?」

そう言ってくれた。
その時、リリボンの中で何かが動き出す。顔を赤めていた。心配してくれていたことが嬉しかったのだ

「これからよろしくね」


***


編入してきた日の放課後。
噂をいち早く聞き付けたシェスリナは早速自分の部活に入らないかと誘い出す。

「何をする部活なんですか?」
「基本的にのんびり。時々皆で遊んだり、なんかお喋りしたり。みんなが家族だと思って過ごす部活よーん♪」

それを聞いて興味を持ったプラシナ。シェスリナの言う通り教室で待っていると次々とメンバーがやってくる。その中にはリリボンの姿もあった。

「諸君!彼女・・・しーちゃんを新しくメンバーに加えたいんだけどいいかしらっ!」
「・・・し、しーちゃん・・・?」

プラシナは今まであまり呼ばれたことがないあだ名で呼ばれたので戸惑っていたがメンバー一同賛成という意見がでた。

「よし!今日から正式に新しい家族よっ。みんな仲良くしてあげてねん♪」

プラシナはリリボンのことが気になるのかずっと彼女のことを見つめていた










部活も終わり、みんなが帰る頃。プラシナが玄関へ行くと靴を履き替えているリリボンの姿が目に映った。
プラシナはリリボンの側まで行く

「リリさん」
「あ、プラちゃん・・・。私に何か・・・用?」
「一緒に帰らない?途中まで」

その発言にリリボンは戸惑ったが

「・・・うん・・・」

小さく返事をしてくれた。




***


帰り道を2人で歩く。
リリボンとプラシナ。お互い気を遣っているのかあまり喋らない。
どうしようかとプラシナが考えているとき、突然リリボンの口から

「・・・実は、誰かと帰るの・・・はじめて・・・なの・・・」

プラシナは驚いた。
部活メンバーの誰かと帰ったことがないということが信じられなかったのだ

「え、リナさんとかルインさんとかと帰ったことないの?」

そう聞くと小さく首を縦に振った。
彼女によれば事情があってあまり知られたくないからというのが理由であった。
しかし、それだとしたらなぜプラシナはいいのか疑問が生じる

「じゃあなんで私はいいの?知られたくないんじゃ・・・」
「・・・あなたは、悪い人じゃ・・・ないし・・・。それに、助けてくれたから・・・」

理由を言ってる間、なんだか嬉しそうな顔をしていた。
私のこと信じてくれるの?
嬉しいけど他のみんなのこと信用してないってことかな・・・?

「・・・ねぇ。もし、よかったら・・・家・・・寄っていく?」

え?い、家?
なんでいきなり?
途中まで一緒に帰ろうって言ったのにどうしたんだろ・・・?

「あ・・・。いやなら・・・いいの。ごめんね・・・」

あっ・・・・。落ち込んじゃった・・・・!えっとえええと!
嫌じゃないってこと伝えなきゃ!!

「全然嫌じゃないよ!リリさんがいいって言うならお邪魔しようかな・・・?」

そう言うと、目をうるうるさせて頬が赤くなっていく。
なんか可愛いな・・・

「・・・ありがとう」


お言葉に甘えて私はリリさんの家へ行った。
そしたら驚いた。

めちゃくちゃ豪邸だった・・・!

「・・・どうぞ・・・」

リリさんが中に入っていくので私も続いて中へ入っていく
玄関についたとき、一人のメイド服を着た女性が立っていた

「おかえりなさいませ、お嬢様」

その言葉にまたまた驚いてしまった。
まあ、そりゃそうだよね・・・。
見るからに豪華だしお嬢様みたいな人だなって思ってたからある意味納得・・・っ

「・・・そちらの方は?」

私に気づいてリリさんに尋ねる

「・・・学校のお友だち・・・。ごめんなさい、私が呼んだの・・・。どうしても来てほしかったから・・・」

「お嬢様がそれを望むのでしたら私は構いませんよ。ようこそいらっしゃいました。どうぞ、お上がりください」

このメイドさん。若いなぁ・・・
それに優しい人だ。

リリさんに続いて家に上がらせてもらう。
リビングでメイドさんに待ってるよう言われたので、椅子に座って待つ。
リリさんが普段着に着替えてくると言ってたからリリさんのも待ってるんだけど・・・・





豪華すぎてすごく居づらい・・・!
本当にこんなところにお邪魔してよかったのかなぁ・・・
でも本当にお嬢様だったんだ。
なんか大人しいし身なりもきっちりしてたからそうなのかなと思ってたけど。

扉が開く音がした。
リリさんが「おまたせ・・・」と小さな声で恥ずかしそうに言う。
その姿は本当にお嬢様にしか着れなさそうなフリフリのゴシックワンピースだった
あまりにも可愛くてしばらく見とれてた

リリさんが向かい側に座った時、あのメイドのお姉さんがお茶を持ってきてくれた。
丁寧におもてなしする姿を見て、若いのに大分ベテランなんだなっていうのが分かる。

「ごゆっくりどうぞ」

そう言って台所へ戻っていった


改めて思う。
こんな平凡に暮らしている私がここにいてもいいのかと!


気を取り直して・・・・

「えっと、なんで私に来てほしかったの?」

質問するとリリさんは「・・・そ、それは・・・」とまた恥ずかしそうに言う。
大分人見知りが激しいのかな?
今日編入してきたばっかりだからよく知らないけど・・・

「・・・あなたには、知ってほしいと・・・思ったの」
「?何を?」



「・・・私のこと」


つづく.....

Close・・・↑


THEME | GENRE 小説・文学 |
*Noir Papillon* | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST







| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。