FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > Title - 第133話 偽リTOP > *Noir Papillon* > Title - 第133話 偽リ

2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

第133話 偽リ 
お待たせしました。
出来上がっているので更新しておきます。

134話、只今大苦戦中です・・・
なかなか描写が思いつかない・・・w
出来上がり次第、更新したいと思いますのでしばしお待ちを!!

まだまだ先は長そうだなぁ(´・ω・`)




炎の消火活動を行っている消防士。突然の事態にその場に固まって動けない人々。避難する人々。
先ほどまで平和だった町は一瞬で炎が燃え広がり、至るところに魔獣が現れアパルリッターたちも退治に人々の避難誘導に追われていた。

鏡汐の鏡によって、ある人物の危険を察知した妖狐は外の様子を見ようと中庭にいこうとした時、横になっていたシェスリナがそこへ走ってきた。

「待って!!」

引き留められた妖狐は振り返る。そして少し心配して

「・・・お主はまだ横になっておれ。外のことは妾に任せよ」
「いやよ!何か大変なことが起こってるんでしょう!?私も一緒に行くわ!」
「お主には身体を休ませてほしいんじゃがな・・・。そんなに言うのならばついて参れ」

そういうと、前を向いて歩きだす。その後にシェスリナもついていく

****

「さあ、こっちです。急いで!」

彩箕路ココが人々を安全な場所へと避難するよう呼びかけている。

必死に、人々に呼びかけている茲。
その間も、この急な状況に困惑している。

(どうしてこんなことに・・・。この町に一体何が起こっているの・・・?それに、リリボンとプラシナさんも見つからないし・・・無事だといいんだけど)

そう考えながら、逃げ遅れた人に「こっちだ」と呼びかけながら案内している最中。
炎に阻まれて今にも崩れそうな道に人影を見つける。

「そこは危ないですよ!はやくこっちへ!!」

ココは叫んでこっちに来るように促すが、その人影は何も言わずに炎の中へと消えていった。

「ちょ・・・待って!!そっちは危ないってば!」


必死に叫びながら、ココはその人影を追いかける。
その人影はどんどん先へ行ってしまう。
目を離さないように追いかけ続ける


そして次第に、広いところに出た。

それは、自分が通っている北聖生学園だった。

「・・・・学校?どうしてここに」

理解が追いつかない状況に困惑していたが、グラウンドのほうへ目を向けると一人の女性が倒れているのを見つける。
慌ててその場に駆け寄る。

「大丈夫ですか?」

声をかけるとその人物は、ゆっくりと目を開け顔をあげる。
その顔に、ココはひどく驚いた

「―――プラシナさん・・・・!?」

「・・・・あみじ・・・さん・・・」

ゆっくりと身を起こす。怪我をしているのか腕を押さえている。
ココは信じられないという表情をするも、ずっと行方不明だったプラシナが無事だったと知り安堵していた

(無事でよかった。ほんとに・・・)

「と、とにかくここから離れよう。立てる?」

手を貸そうとするが、腕を押さえながらゆっくりと立ち上がる。
そしてココは来た道を戻ろうと、先頭に立ち歩き始める。


「・・・・そういえば、リリボンは―――」



グサッ。
そんな音が響いた。

「―――・・・・え?」


刀らしき刃物が自分の腹から突き出ている。刃物には血がつき、赤い雫が地面へと滴り落ちていく。
ココは、恐る恐る後ろを振り返った。

そこにはプラシナが・・・・
プラシナらしき人物がいた。


「・・・・ぷら、し・・・な・・・さ、ん・・・・」


ココは理解できなかった。魔獣が再び現れたかと思えば火の手があちこちに広がり、そして人影を追って辿り着いた場所が自信がj通っている学園で、そこには行方不明なはずのプラシナの姿があって。

もう何が何だか分からなかった。


つづく......


スポンサーサイト

THEME | GENRE 小説・文学 |
*Noir Papillon* | TB : 0 | CM : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。